2018年10月13日

第638回『幽霊を視たい』

DSC01727.JPG


作劇塾……ここは塾長を筆頭にした『霊的鈍感人種』たちの集まりでもある(約一名除く)
ヤバい人形と同居して、いわくつきホテルの部屋に連泊するもの。
怪談キャンプに参加する、深夜の心霊スポットへ行く……それなのに幽霊に遭遇しないのは何でだ!
やり方が間違っているのか、体質なのか? それはどうやら『視え方』と『注意力』の問題でもあるらしい。
そして、絶対にコレをすれば視える! という方法も伝授。
うん、確かにそれは確実に幽霊遭遇できるかもね……でも、おススメしません。
posted by sakugeki at 11:00| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2018年10月06日

第637回『ハウツー本のウソ・ホント』

DSC01738.JPG


何でもマニュアルに頼りがちな世代の塾生・東野はふと思った。
小説の書き方とかいうハウツー本って、どこまでホンマなんやろか?
書いてあることはどこまで正しいのか? そして真のプロのテクニックとはどこにあるのか?
悩める創作者必聴、となるかは聞いてみなけりゃ分からない!
posted by sakugeki at 15:11| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2018年09月29日

第636回『霊のホテル報告(船生のデータの正体)』

WIN_20170623_21_32_39_Pro-thumbnail2[1].jpg


意気揚々と通塾した船生。
「みんな聞いて!録れたんです!」
東野兄弟子に便乗した霊との電話作戦のデータを塾内に披露したところ……。
作戦の反省点。
船生が録れたという音声を聞いた塾の反応。
そして、衝撃の真実。
その先にある、ビッグバンのようなオチ。
これ、まるごと怪談エッセイ小説にしていいですか?
posted by sakugeki at 17:55| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする