2017年05月06日

第563回『作劇塾の歴史partⅣ(最終回)』

WIN_20170106_21_42_36_Pro.jpg

さて、今回は2013年から現在です。
塾の授業が金曜日になり、社会人チームが大喜び。この辺りから
夜通し飲み会の参加者が増えまして、教室が先生宅に移転、
先生宅の怪異勃発、そしてついに2016年の夏、千日前の怪談イベント!! 
今年も夏がやって来ます。週に一度の塾とはいえ、色々あるものです。
今後も色々あるでしょう。
さあ、作劇塾にはこれからどんな歴史が積みあがっていくのか?
作劇塾の歴史・今回で最終回です。
(注:ネトラジそのものはまだまだまだ続きます)


posted by sakugeki at 11:34| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年04月29日

第562回『クリエイターと会社員と仕事精神』

WIN_20170127_21_44_21_Pro.jpg

昼間は組織のなかで働いて、金曜は作劇塾でクリエイターのココロを学ぶ内、
何だか思うことがある。組織の内側と外側、時間帯に働く形、
全てが真逆のサラリーマンとクリエイターだけど、仕事人として共通項は
非常に多い。それは職種を越えた、生き方として大事なんじゃないか?
金を得る手段、それだけじゃなくて、人を観察する場としても、
バイトであっても働くことは必要と思うけどどうだろう? 
仕事中、マンガを描いて上司に怒られたホラー担当が、反省としても
仕事観というものを振り返ってみました。
 
posted by sakugeki at 11:37| Comment(3) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年04月22日

第561回『関西弁・大阪弁』

WIN_20170217_21_36_39_Pro.jpg

我ら関西人が何気に、日常で使っている『関西弁と大阪弁』
国内海外問わず、どこへ行っても貫き通されるこの方言は、
他のところとちょっと違う……
この方言をキャラクターの設定に使われたら、ヤクザや商売人、
ケチで抜けた三枚目が多い。
このもっちゃりした感じ、抜けた音のせいなのか? 会話のリズムか?
関西人独特のセンス、世界で一番お笑い向きのこの言語を、落語作家の高田が解剖してみました。
posted by sakugeki at 12:26| Comment(2) | 日記 | 更新情報をチェックする