2018年05月05日

第615回『笑・笑・笑』

WIN_20170602_21_39_41_Pro.jpg

皆さん、笑っていますか? 何を見て笑っていますか? テレビにライブに舞台にトーク、でも最近テレビで笑わなくなったビール担当。でも面白いものがなくなった訳でもない。ライブでは笑うし、舞台も好きだ……ということは、媒体の違いにヒントがあるのか?
笑いの種類も様々でして、塾の皆が意外に真っ二つに分かれるのは『下ネタ』なぜならあれほど難しいものはないとの指摘アリ。そしてボケとツッコミ役のタイプの違いや、芸人さんの考察、笑いに向いている性格に人格など、『笑い』についてあれこれ語る30分です。
posted by sakugeki at 07:00| Comment(2) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
塾生のみなさん、ごきげんようです

今回は深いテーマですねぇ・・・
とても1回じゃ足りない。3回くらいに分けてもいいくらいのテーマだと思います。

「笑い」については100も200も言いたいことはありますけど、どんな笑いもチャップリンの言ったこの言葉に集約されるのかなと思うことがあります。

「人生はクローズアップで見れば悲劇だが、ロングショットで見れば喜劇だ」
Posted by 中島浩光 at 2018年05月08日 20:12
いつもお聞きいただき、そしてコメントを頂戴しありがとうございます!

笑いは突き詰めていくと果てがない感じがしますが、それでも考察するのは楽しいです。

おっしゃるように自分が悲惨な目に遭遇するのは誰しも嫌ですが、カメラを引いてその様を客観的に映せば笑いになりやすいですね。

チャップリンは名言の宝庫です^^
Posted by sakugeki at 2018年05月17日 14:40
コメントを書く
コチラをクリックしてください