2018年04月14日

第612回『作家にとってのレビュー・批評』

WIN_20170623_21_32_39_Pro.jpg

モノを作り出すのがクリエイターの仕事。でも作ったら商業ベースに乗せて売らなくてはいけません。
そこで当然出てくるのは『批評』『レビュー』頷けるのもあれば、そうでないのもあり。特にネットは玉石混合の傾向が強い。励みになることもあれば、酷評されていたらへこんでしまう。
さて、作家はこの批評という読者目線とどう付き合えば良いのか? プロはどこまでレビューを読んで参考にしているのか? レビューに従うのか? それとも書きたいものを押し通すのか?
的確な批評とそうでもないもの、その見分け方は?
……と、その心構えまで、色々語って頂きました。


posted by sakugeki at 00:51| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください