2018年02月03日

第602回『健康と病弱』

WIN_20170623_21_32_39_Pro.jpg

この冬、塾に吹き荒れる病の嵐! 病人続出欠席者多数塾長オカンムリ。
プロは風邪をひかない。そのプロの修行をしているキミ達が、どうして風邪を引くんだ?とのお言葉ですが、やっぱり人間だもの、風邪引きますよ。
それは頑丈な人の驕りではないでしょうか。病弱には病弱の言い分があるのでは? と思って聞いてみた結果……プロは風邪引かないのは、そういう秘密が! と納得。
そして、昼酒夜型でありながら、実は健康的な先生の生活。
健康になるには、楽しいことをしていればいいのです。
定番となった言葉ですが、病は気からはホントですよ。
posted by sakugeki at 07:48| Comment(2) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
塾生のみなさん、ごきげんようです。

なるほどですね。
結論から言えばプロは風邪ひかない、それがプロだと思います。

とはいえ生身の人間だから体調を崩すこともあります。
僕は介護職なんで利用者にうつるといけないから、ちょっとでも体調がおかしいと思ったら休みます。

僕は数年前まで体重が90キロ近くになり健康診断でメタボ予備軍と言われました。
そこで夜9時以降は極力食べない。酒は飲みます。間食を減らす。食事はなるべく自分で作る。これで78まで体重が戻りました。

風邪に関しては、マスク、のど飴、手洗いとうがい、これだけでもかなり防げます。特に手洗いとうがいは馬鹿にできません。

あとは食いたいもの食って、酒もガンガン飲む、葉巻もスカスカ吹かす、それでいいと僕は思ってます。

体にいい食べ物、悪い食べ物、そんなもんいらんお世話じゃと思ってます。
いいじゃないですか悪くたって・・・・美味けりゃ
Posted by 中島浩光 at 2018年02月03日 10:26
コメントいつもありがとうございます。

成程、プロは弱ったところを見せないのがプロたるゆえんだと感心しました。しかし、やっぱり健康はどこから見ても、気力とストレスの関係ですね。健康的生活というのは規則正しい生活、それ以前にコツがあるようです。会社員という仕事はストレスと付き合うのが宿命ではありますが、どこの職業にもそれはついて回るものです。

塾生に共通しているのは『好きな事を持っている』これを発散と気力の武器にして、今後の日々を健康に過ごしていきたいものです。
Posted by sakugeki at 2018年02月06日 22:44
コメントを書く
コチラをクリックしてください