2017年07月15日

第573回『ベーシック・インカム』

WIN_20170623_21_32_39_Pro.jpg

SF担当の心に深く食い込む、あるブログ。
「何もしなくても、好きなことをしているだけでお金がもらえないか」
実は、あったんですよ。そんな政策構想『ベーシック・インカム』国民の
最低限度の生活を保障するため、国民一人一人に現金を給付するシステムです。
でもやっぱり賛否両論。財源は? 勤労意欲は? 仕事の生きがいは? 
ベーシック・インカムを成り立たせるための条件は?
語る一瞬、垣間見える先生の経済的生活の秘密!
……でも生活保障されているのなら、夢は追いやすくなりますね。
なんだかんだ言っても、お金は欲しい。
そんな塾生達が、お金と労働、生きがいと仕事について考えてみました。



posted by sakugeki at 11:08| Comment(2) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
塾生のみなさん、ごきげんようです。

ベーシックインカム・・・・導入して欲しいようなしてほしくないような・・・・・どっちかって言うとあまり歓迎できないかなぁ・・・・・

メリットとしては

*生活苦から無理な残業をすることがなくなる
*待遇不利な非正規雇用でも働き続けることから解放される
*残業代未払いや不当解雇がなくなる
*ブラック企業が淘汰される

デメリット
*財源はどうする?ー仮に導入するとして、ベーシックインカムで完全に生活できるようにするには税制を大幅に変え工夫する必要が出てきます
*働かなくなる人が出てくるーう~~ん・・・これは一概に言えないかな・・・・
例えば10万円の給料でギリギリの生活してる人がベーシックインカムで10万の収入が出来たら、いまの仕事やめてまた10万ギリギリの生活をしますか?・・・・しないでしょ?やはり仕事は続けると思います。

東欧諸国ではスイスが、来年ベーシックインカム導入するか否かの国民投票を行いますね。
人口800万のうち、導入を希望する人が12万6000人いるという結果の署名が集まったからだそうです。
Posted by ひろみつ at 2017年07月16日 13:44
ひろみつ様、いつもコメントありがとうございます。

たとえ少額であっても導入されれば助かるのは本音です。
しかし国に生活の一部を人質に取られるようで気味が悪いのもまた事実。

日本はこれでも人口1億人以上の国ですから、こういうシステムは合わないのかもしれません。
Posted by SF担当・東野 at 2017年07月23日 19:06
コメントを書く
コチラをクリックしてください