2017年06月10日

第568回『北朝鮮』

WIN_20170602_21_39_41_Pro.jpg

世界の各地で起こるテロ。ついには日本も他人事……いえ、他国ごとではなくなりつつ
ある最近ですが、一番身に迫っているのは朝鮮半島情勢。
混迷する韓国の内政、繰り返されるミサイル発射に拉致問題。
……それにしても、どうしてあの国は崩壊することなく、存在していられるのか?
アメリカとの戦争の可能性は? 物騒なお隣さんに、日本はどう対応すればいいのか? 
カギは過去に遡る。白熱して少々時間オーバーの回です。

posted by sakugeki at 10:54| Comment(2) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
みなさん、ごきげんようです。

「北朝鮮」。厳密に言うと社会主義国家としての北朝鮮は90年代前半で終わってます。計画経済放棄しましたからね。

じゃあ、いまの北はどんな国かと言うと「強請り集り国家」です。
韓国が左派政権の時は、韓国が、右派政権の時はシナが北に国家予算に匹敵する経済援助をしてきたわけです。
だからこの国の厄介なのは経済破綻しても国が潰れることはないってことなんですね。

先生も仰ってたように内部から崩壊するか暗殺しかないでしょう。24年間ルーマニアの独裁者だったニコライチャウシェスクみたいに妻と公開処刑されればいいんですが、どうかな・・・

あんなド貧乏な国がなんで、あないにバカスカミサイル撃てるのか?どこから金が出てるのか?
大きな資金源はパチンコのあがりです。**ハンや**物産の創業者は在日ですが、これについては金正日の「在日朝鮮人の70%が、30兆円市場である日本のパチンコ産業に関わっており、その送金がわが国を支えている」という証言があります。

まあ、とにかくマトモな話し合いが通じる相手ではありません。いまの将軍様になってから、側近が100人以上粛清されています。・・・・わかります?
更迭やクビじゃないですよ・・・・粛清です、殺されてるんです。

社民共産、民進党は「外交努力で」と言いますが・・・アホかと思います。いままで散々外交努力であの手この手でやってきて、ことごとく駄目だった。
オバマに至っては「戦略的沈黙」と言って・・・・なにもやらなかった。

僕は個人的には、無理かもしれないけど、先述したルーマニアのチャウシェスクみたいに革命軍の手で公開処刑されればいいなと思ってます
Posted by ひろみつ at 2017年06月10日 12:28
いつも応援ありがとうございます。

今回テーマにして分かったのは、北朝鮮について、その原因が歴史的なものでありながら、一般的には全くそういう視点で報道されていないということでした。
メディアはただただ危機を煽っているだけで、その真の原因を逆に見えにくくしているわけです。
今回の放送でそうした状況が少しでも変わるといいのですが。

これからもよろしくお願い致します。
Posted by 塾生・東野 at 2017年06月11日 20:38
コメントを書く
コチラをクリックしてください