2017年04月08日

第559回『おしえて!怪談師のオシゴト!』

WIN_20170217_21_36_58_Pro.jpg

桜の季節、日本映画をこよなく愛するビール担当は想う。
「新しい事をしたい」「塾長のように、怪談を語ってみたい!」
そこで考え付いたのは『怪談師』というオシゴト。
さて、ここでふと立ち止まる。そういえば、そもそも怪談師の定義は何?
どうしたらなれるの? 普段は何をしているの? お仕事はどこで受けるの?
怪異収集家の先生が語る、怪談リクルート!
怪談を聞くだけではなく、語りたい人、必聞です。

posted by sakugeki at 10:54| Comment(2) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
みなさん、ごきげんようです。

おかずみさん、お名前変えられたんですね?
おまけに怪談師になられるのですか?う~~~~ん・・・先生も仰ってましたが、まあ食えない世界だから、どうぞおやりなさい!とは言えませんが、でもやるからには是非頑張ってください、それに女性の怪談の語り手って本当にいないし、是非女性の怪談の語り手に出てきてほしいと思っていたので陰ながら応援させていただきます。

女性の怪談の語り手としては星野しずくさんと言う方が女性怪談師として活躍されていて、僕も数回スカイプで怪談を語り合いご一緒したことがあります。

怪談の語り手になるには・・・・・先生のご指摘に尽きると思いますが、怪談を語るんだから怪談しか聞かない人は駄目でしょうね。
僕も落語は是非浴びるように聞かれることをお薦めします。
上方の場合怪談とうより笑わせるか人情話になってしまうんですが、それでも「まめだ」「除夜の雪」「立ち切れ線香」などウルっと来る名作もあるし「皿屋敷」「高尾」「幽霊の辻」「互光」「七度狐」「天狗裁き」なども傑作です。

映画も洋画邦画問わず怪談と縁のないような映画もドンドン見られたらいいと思います。

健闘を祈ります。頑張ってください
Posted by ひろみつ at 2017年04月08日 12:33
ひろみつ様

いつも「作劇ネトラジ」を聴いてくださり、ありがとうごさいます‼︎

四月ということで!新年度、気分を一新してやりたい事が出来たので、名前を変えました。
これからも、変わらずよろしくお願い致します。

さて、怪談師になりたい⁉︎という私の野望ですが、台本上のことで、本当に目指すわけではないので、ご安心くださいね‼︎
(私が怪を語ると、怪が逃げていくような気がします(^^;))

実は、今回のネトラジ、5月に開催される「怪談の壇」へ参加を考えていらっしゃる方や、怪談師を目指している方への宣伝になればと考えて、挑戦してみたものです。

怪談に限らず、落語も何でも、様々な事に触れて話芸を磨くというのは、印象に残りました。
怪談だけ好き!というわけではないけれど、怪談が好き!!という気持ちが大切なのかも…知れませんね。

怪談師は勿論目指しませんが、怪談師を盛り上がればなぁと思っております。
「怪談の壇」が、今後どうなるか⁉︎壇上に上がる未来の怪談師に出逢える事が楽しみです。

また、怪談界のアイドル?もこれからだと思います。
怪談界のアイドル…略して怪ドル‼︎
怪ドル、流行らないかしら…?

怪談師の定義すらない今なので、これからの怪談界が末永く残っていく、よりいいものに育つ現場を目の前で見る事が出来れば素敵です。

ひろみつ様の怪談も、楽しみにしております。
また、いつか目の前で聴ける機会があれば幸いです。

そろそろ散り始めてはいますが…桜の季節ですね。
桜の下で怪談会もいつか開催出来ればと思う、今日この頃です。


以上です!
Posted by sakugeki at 2017年04月14日 23:53
コメントを書く
コチラをクリックしてください