2017年07月29日

第575回『詩歌(しいか)』

WIN_20170623_21_32_39_Pro.jpg

歴史を語るには避けて通れない『詩歌』古事記に百人一首、辞世の句に
狂歌。そして、現代では相田みつをに100歳の詩人、柴田とよ。ネット詩人の
最果タヒ。唄う歌だって歌詞がある。しかも思春期の心の迷走ついでに作ってしまう
若き日のポエム、結構身近には、詩歌があふれているもの。
さて、古代から現代までの、そして日常にある詩歌を語ってみましょう。
司会者は今回からデビューのアイホベク!!

posted by sakugeki at 11:38| Comment(3) | 日記 | 更新情報をチェックする