2017年05月13日

第564回『ストーリーの肝』

WIN_20170127_21_44_21_Pro.jpg


「怪談には肝がある」授業でそうおっしゃったのは先生。
これが作品の良しあしの決め手となる。
多々あるジャンルの中で、肝はどこにあるのか? そして
肝の正体は? どうやってそれを描けばいい?
様々な角度から『肝』の検証を行って(?)見た結果。
……そうか『肝』はそれか。それは物語を作る基本の「キ」
展開やストーリーを考える肝は、ここにある!


posted by sakugeki at 11:10| Comment(2) | 日記 | 更新情報をチェックする