2016年08月27日

第527回『お化け屋敷・人形塚の家』

20150530010224022.JPG
中山市朗監督・人形塚の家は皆さん、もう行かれましたか?
只のお化け屋敷じゃない、その場で怖がって終わるではない。
心霊写真にいわくつき人形は本物。しかもお祓いは中途半端。
恐怖は家に帰ってからも続く……そんなとんでもないコンセプトの家。
そんなコンセプトに、便乗してみようとSF担当東野がトンデモ企画を
発案。『いわくつき人形と同棲日記(仮)』すでに準備もばっちり!
実現したら、それこそ怪異です。


posted by sakugeki at 10:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月20日

第526回『小道具と衣装』

008.JPG
物語の主人公の持ち物。西部劇のガンマンなら拳銃、ライフル、散弾銃。
宮本武蔵は二刀流の大小の刀、鞍馬天狗は刀と拳銃、マスク。そしてインディジョーンズの帽子。
小道具は、物語をどのように活かすのか? そして映画と小説では使い方が違う?
日本人の監督って、貧乏は得意なのに、金持ちの描写は……やっぱり、貧乏人に
金持ちの描写は難しいのか? そして、ある映画は背景を活かすために撮影用の刀や鎧の形を工夫。
ある時は物語を彩り、伏線となり、トレードマークとなる。『小道具』『衣装』の見方です。



posted by sakugeki at 12:27| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月13日

第525回『改めて考える大阪の魅力』

022.JPG
長いこと住んでいると、当たり前だと思ってしまうものですが、
食事は炭水化物の取り合わせ、普通の会話が既にコント。
どこへ行こうと大阪弁で全国各地で押し通す。
流石は芸能文化発祥の地、大阪の文化は個性が強い。
でも今はちょっと東京へ人材流出気味。停滞気味。
この大阪を、もっと盛り上げる手はないか?
語ってみたところ……やっぱりこの収録も、大阪独自の色でした。
posted by sakugeki at 11:31| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする